9月生まれの友へ

0

    今月誕生日だね、

    あなたを失ってもうすぐ1年です。

     

    どうしてるかなぁ。

    手紙は読んでくれましたか?

     

     

     

    一緒に居ると安心できて、

    同じ空気で、意見もいい合えて、

    確か20代までの私の恋の全てを知ってくれてるよね、笑

    あなたにはあなたにしかない魅力があったんだよ、

    私にとって、今でも心の友なんです。

     

    必死に頑張ってきたあなたに、

    謎の難病が襲うなんて、

    やっぱり私はもう、この世がきらいになってしもーたよ。

     

     

     

    未熟なりにもそこそこ色んな目に遭ってきた大人が、

    それでも希望を、夢を、運命を!と

    一から信じ直して踏ん張ってきたけれど、

    もう、一幕は閉じてしまって、同じように生きるのは難しいらしい。

     

    母に命がけで向き合い始めてからは、

    すっかりあなたに会いに行けなくなって 本当に申し訳なかったと思ってるよ。

     

     

    あの時間があなたを変えてしまったのか、

    あれから何があったのか、

    最後に聞いた涙声は、

    ほとんど言葉が聞き取れなかったけれど、

    それよりも、間違い電話でも私にかけて来てくれたことが嬉しくて

    静かに耳を当てるしかなかった。

    あの日、何を伝えようとしてた?

    ごめんね、

    本当にごめんね、

     

     

     

     

    今、空は見えていますか?

    少しずつ流れ始めている秋の風を感じていますか?

    ご飯は、歩行は、会話は、笑顔は、痛みは?

    聞きたいことが山ほどあります。

     

     

    私も今、こんなだからね、

    あなたに「それでも生きていて!」とは言わないよ。

    「生きたい」と強く願えば細胞は蘇るというなら、

    その逆だって可能なんじゃないかしらと思ってる。笑

    あなたがもしも、全てのことを失っているなら、

    ここにしがみついている必要があるとは思えないもの。

     

     

    私の知っている誰よりも繊細で、

    私のことを思いやってくれて、

    言わなくても分かるなんて、本当にあり得るんだな〜と

    教えてくれた。

    いつも本当にありがとう。

     

     

    最後のメールが本心でないことを願いたいけれど、

    本心ならそれはそれで仕方がないし、

    ストーカーになったりしないから安心してね。笑

     

    ただただ、私はあなたの味方です。

    あなたがどう変わろうとも、あなたの味方でい続けます。

     

    もしも何かが届くなら、

    その頃に再び私が生きたいと思えるようになっていたなら、

    また手紙を書きます。

     

     

    もうすぐお誕生日。

    おめでとう。

     

     


    阪神淡路大震災から20年 2015年1月17日

    0
      デンしてすぐ帰って来ましたが、

      今年も行ってまいりました。




      逆光まんまでごめんなさい、^^;
      今、環境入れてないので〜〜汗





      この「命」の日に、節目なんてないですが、
      それでも20年という区切りは大きいようで、
      メディアの数も人も、いつもより多いように感じました。

      あれからもう20年?
      まだ20年?



      昨年の今日は、
      一人でそれなりに歩けるようになった事を
      喜んでたりしてたんだと、
      なんだか、ビックリしながら読み返しました。

      4月のあの日を境に、
      まるで景色が変わってしまって、
      あの日の自分を忘れてしまいそう。



      今年の涙はまた違った味で、

      「生きる」事を突きつけられたこの今の感情を
      堪えることができず、泣きました。



      それでも、生きるからね。

      大事な人達と共に、生き抜くからね。





      Charmが震災について綴った過去記事はこちら。
      震災から12年
      14年振りの笑顔
      阪神・淡路大震災から14年
      命の日--阪神・淡路大震災から15年目を迎えて
      阪神・淡路大震災「1.17のつどい」2011
      希望の日へ
      2013年1月17日
      2014年1月17日

      それでも、それが幸せ。

      0
        恐らく、

        たかが三十数年とは言え
        これまでの人生を振り返るなら・・・

        今が一番苦しい。



        20年前のあの地獄よりも、

        丁稚に明け暮れ、死んだ魚の目をしていた頃よりも、

        頭の中を黒幕が襲って来たあの頃よりも、

        そして、自分の病気に怯え嘆いた あの雨の日よりも。



        ここまで試されるのかと、
        ただただ、恐怖で苦しい。



        でも、それでも忘れてはいかんのです。



        看病したくても出来ない方はたくさんいらっしゃる。
        大事な人の元へ駆け付けたくても、
        駆け付けられない方はたくさんいらっしゃる。

        そんな中、私は幸運にもこうして毎日、
        母の傍で、母に触れ、母に全力を注ぐ事ができる。
        (全力?かどうかは自信がありませんが、。笑)


        この恵まれた環境に感謝する事を、
        絶対に忘れてはいかんのですよ。


        見えない猶予を、それでも希望を持って、
        大事な人のために生きて行ける今が、
        きっと一番幸せだから。

         

        最高の手紙

        0
          これまで書いた中で一番の、

          最高の手紙が書ける力を、私に授けてください。
          (誰に頼んでます?笑)



          『 最高の手紙 』

          そろそろ筆をとります。

          全身全霊を込めて。笑

          2014年1月17日

          0
            今年も無事に行くことができました。

            2014-01-17 14.40.jpg
            (ちょっと写真暗めですが・・・)


            ここ数年はいつも一人だし、寒いし(笑)、
            顔色悪めで参加していたと思いますが、^^;
            それでも昨年よりは大分歩けるようになってます、私。

            一人で出かけるのはちょっと不安だったのに、
            昔と同じテンポで歩き続けることが出来る。

            有り難いなぁ、って。


            いつものように菊の花を浮かべて、
            みんなに挨拶をして、
            あのホールへ降りると共に溢れ出す涙を拭いて、

            『今年もがんばります。がんばるからね。』



            2014-01-17 14.48.jpg

            2014-01-17 14.49.jpg

            2014-01-17 14.50.jpg


            今年もこちら東遊園地では、
            14時46分、3.11にも祈りを捧げました。



            Charmが震災について綴った過去記事はこちら。
            震災から12年
            14年振りの笑顔
            阪神・淡路大震災から14年
            命の日--阪神・淡路大震災から15年目を迎えて
            阪神・淡路大震災「1.17のつどい」2011
            希望の日へ
            2013年1月17日

            やっと

            0
              少し前に、心友が倒れました。

              連絡があったのは、
              意識が戻って大分経ってからだったと思います。

              「生きてた、、、」

              もうそれだけで十分でした。


              付き合いはもう長く、
              彼女の性格も、気持ちも理解しているつもり。
              だから、“待つ”姿勢を貫こうと思いました。
              私が逆の立場だったら、きっとそれを望んだから。


              その彼女に、今日ようやく会えました。

              暫く涙が止まらなくて。

              状況が見えず、
              もう、ずっとずっと心配だったから。

              少しずつでも歩けている姿を見て、笑顔を見て、
              本当にホッとしました。

              でもその反面、正直ショックだった。
              やっぱりショックだったよ、、
              その姿を目にして、神様をまた信じられなくなりました。

              どうして?の思いが走るだけで、
              まだ、現状を把握しきれず、受け入れるスペースも足りない。

              どうして彼女がこんな思いをしなくてはいけないのか、

              誰の仕業なの?
              そんな感じ。

              原因はまだ不明。
              難病なのか、そうでないのかも不明。




              自分がもう忘れているような事でも、
              大事に心に留めておいてくれた事、
              会いたいと思ってくれていた事、
              今日の彼女は珍しくダイレクトにぶつけてくれて、
              私だって伝えたいのに、勢いに負けてしまいました、笑

              私にとっては、
              どんな状況であろうとも、かけがえのない心友です。

              鐘を鳴らす日

              0
                年末の紅白は、
                ドリの部分だけテレビの前に座っていました。笑

                今年は会えるかなぁ。


                『さぁ鐘を鳴らせ/DREAMS COME TRUE』



                実際に、立て続けにお知り合いを亡くされ、
                残された大切な人達へ贈られた歌だそうです。

                 

                「もしも」はなくて 「もう一度」もなくて 「巻き戻し」も出来なくて
                夢の中でも 震える手は止まらなかった

                言葉にならない 想像さえ追いつかない 出会いと別れ
                自分自身で 思い知るしかないようなこと

                なんてキツいんだろう これが生きるということなら
                すべて投げ出したくなる気持ち それでも抱えたら

                さぁ鐘を鳴らせ ちからふりしぼれ それだけが
                今日を越えていく唯一の術なら 今は
                一日ずつ一日ずつ 響かせていくしかないから


                どこでもない場所に永遠に放り出されてしまって
                どう叫んでも呼びかけても 答えはない

                なんて難しいんだろう これが生きるということなの?
                何もなぐさめにならない この現実を抱えたら

                さぁ鐘を鳴らせ ちからふりしぼれ それだけが
                もう会えない人に届く術なら 今は
                一日ずつ一日ずつ 響かせていくしかないから


                いつか わかる日まで いつか 立ち向かえる日まで
                いつか ここまで来たって思える日まで 言える日まで

                さぁ鐘を鳴らせ がんがん打ち鳴らせ それだけが
                どうにもならないこの気持ちと 歩く術なら
                そして 生きると誓え 生きると打ち鳴らせ
                また会う日まで また会える日まで

                鐘を鳴らすから 鳴らし続けるから



                今日は、私にとっても、忘れられない日です。

                 

                終わりラッシュ

                0
                  9月から、
                  身の回りで「終わり」が止まりません。

                  私の大好物である「いつも通り」(笑)が、
                  じわじわと崩れ離れていくこの感じ。

                  一体何が起ころうとしてるんだろう、?



                  もちろん、終わりには色んなパターンがあって、
                  「始まり」を予兆させるものもありますが、
                  今はまだ「ウエルカム!」とは言えない心境。


                  現在3つ目。
                  目の前をスーーっと通り過ぎて行く感じで、
                  びっくりするくらい早かった。


                  あと残り2つ。

                  そのうちの1つは、とても大きな、悲しい別れです。



                  しっとり落ち着く大好きな秋なのに、
                  Charmの心は宙ぶらりん。

                  そっか、
                  投薬を止める覚悟をした辺りから、
                  このラッシュは始まってたんだ。


                  色んな「終わり」を「始まり」に繋げられますように。

                  2013年1月17日

                  0
                    丸18年が経った本日1月17日、行ってきましたよ、

                    今年も挨拶しに、原点へ帰りに。






                    今回は、命についてとても考えさせられる知らせがあり、
                    人生って何なんだろう、
                    と思い耽る1月となりました。

                    私にとって既に“いつもの場所”である慰霊碑が、
                    なんだかまた違って見えて、ぐるりとゆっくり
                    3週はしたでしょうか。

                    お名前だけが並べられているから、
                    私が知っている十数名の方を除くと
                    年齢も、お名前によったら性別も分からない。

                    金婚式を迎えられた御夫婦がおられたかもしれないし、
                    新婚さんもおられたかもしれない。
                    学校卒業前にして亡くなった学生さんや、
                    この世に生を受けて間もない赤ちゃんだって、きっと。



                    この名簿が意味する悲劇を、改めて恐ろしく感じました。



                    一番辛いのは犠牲者の皆さん。
                    でも残される側もとても辛い。

                    生きているから、悲しみもやり場のない思いも生まれてしまう。

                    こんなに辛いのに、それでも生きなくちゃいけないのか、
                    もう頑張らなくてもいいんじゃないか、?



                    正直、耐え抜く意味を見失いそうになっていましたが、

                    でもね、やっぱり生きて欲しい。

                    生き抜いて欲しい。

                    あなたには一緒に生きていて欲しい。









                    Charmが震災について綴った過去記事はこちらです。
                    震災から12年
                    14年振りの笑顔
                    阪神・淡路大震災から14年
                    命の日--阪神・淡路大震災から15年目を迎えて
                    阪神・淡路大震災「1.17のつどい」2011
                    希望の日へ
                     

                    希望の日へ

                    0
                      1月17日。

                      今年も行ってきました。

                      阪神大震災から17年です


                      この場に来ると、
                      みんなの名前を前にすると、
                      おかしなくらい涙がぽろぽろこぼれます。


                      今年も来たよ。
                      今年もがんばるからね。


                      伝えることは毎年同じですが、
                      いつも振り出しに戻ったような気分になるんです。


                      あの日、突然明日を奪われた人達がこんなにもたくさん。
                      プレートの数は何度見ても見慣れません。



                      燃え盛る炎の色や匂いは今でも鮮明に記憶に残っています。
                      本当に地獄のようでした。

                      あれから17年も生きたなんて。



                      そこで反省するんですよね、
                      最近は特に体調も優れない日が多くて
                      ちょっと自暴自棄になったりしていました。

                      アカンアカン。
                      ちゃんと前向きに治療しなくちゃね。
                      生きてるんだから。



                      屋根があるだけでとても安心できるということ、
                      電気があるのも、水が出るのもとても有り難いということ、
                      大事な人達の傍で生きられるのはとても幸せだということ、

                      毎日の何もかもが幸せなことなのに、
                      すぐに弱音を吐いてしまうCharm。

                      がんばれるんだから頑張らなくちゃ。
                      生きてるんだからね。





                      今年は3.11の黙祷も同時に行われていました。

                      想いはひとつ。

                      どうか、
                      1日も早い希望を。

                      生きてしまったと嘆くのではなく、
                      生かされたことに感謝できる希望の日が
                      必ず訪れることを願って。



                      Charmが震災について綴った過去記事はこちらです。
                      震災から12年
                      14年振りの笑顔
                      阪神・淡路大震災から14年
                      命の日--阪神・淡路大震災から15年目を迎えて
                      阪神・淡路大震災「1.17のつどい」2011

                      いつも有難うございます!イラスト「本日も感謝印」
                       生きていることに深く感謝を。
                       またがんばろう、きっとがんばれる。
                       JUGEMテーマ:日記・一般

                      | 1/10PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      Contact

                      お問い合わせについて
                      「Charmのサイコロ」へのお問い合わせはこちら

                      Ranking

                      ブログランキングに参加中です。

                      Charmのサイコロも人気ブログランキングに参加中!
                      blogram投票ボタン
                      にほんブログ村 健康ブログ 冷え取り健康法へ にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
                      ブログ王ランキング!

                      ------------------------


                      裏ドリワンダーランド 2012/2013














                      -------------------------------

                      selected entries

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM